STAGE

– 公演情報 –

“TAIYO MAGIC FILM ミニ vol.1 番外公演「動き出すカーテン」

2018年6月7日(木)~6月11日(月)

出演:多田 昌史

<あらすじ>
本当に愛する人への行動って何だろうか?
お金があれば・・・
未来があれば・・・
何かがあれば・・・
 
思い描いた未來と違う状況がここにある。
誰にも必要とされていない不安が常にある。
自分に諦めている自分がここにいる。
でも諦めきれない何かが、ずっとある。
 
そんな人間は、
人を好きになっていいのだろうか?
そんな人間は、
本当に愛する人に何ができるのだろうか?
 
多分別れることが出来るんだ。多分別れないことが出来るんだ。
多分・・・

そんな時、カーテンが動き出した。
・・・この部屋には何かがいる。

<脚本/演出>
 西条みつとし
<キャスト>
* 藤井仁人
* 東松史子
* 小築舞衣
* 佐保歩実
* 諏訪井モニカ
* 蔭山ひろみ
 
* 米千晴
* 畠山U輔
* 濱崎大輝
* 多田昌史
* 仲原由里子
* コガケースケ
* 福永のん
 
* オープニングステージ 佐伯佑佳

■会場
ウッディシアター中目黒
東京都目黒区上目黒2丁目43−5 キャトルセゾンB1
東急東横線・地下鉄日比谷線【中目黒駅】より徒歩10分
目黒銀座商店街内
劇場事務所03-3791-6566(公演期間中のみ)

6月7日(木) 19:00(★)
6月8日(金) 12:30(▲) / 16:00(★) / 19:00
6月9日(土) 12:30 / 16:00 / 19:00
6月10日(日) 12:30 / 16:00 / 19:00
6月11日(月) 13:00 / 16:00

※上演時間 約1時間50分
オープニングステージは、開演の20分前から始まります。

開場は開演の30分前からなので、是非早めのご来場をお待ちしております。

★…初日・金曜夕方割 ▲…金曜昼割
会場は、開演の30分前。ロビー開場は、45分前。

【公演注意事項】
●未就学児童のご入場はご遠慮お願いします。(小学1年生以上は大丈夫です。)
●車椅子のお客様は、お問い合わせアドレスに予めご連絡お願いいたします。
●営利目的によるチケットの転売禁止。
●当劇場には駐車場はございません。予めご了承下さい。

※(全席自由・税込)
●【初日金曜夕方割(★)】4,300円
●【前売り 金曜昼割(▲)】4,200円
●【前売り 一般】4,500円
●【当日】 前売り価格プラス300円

「動き出すカーテン」 チケット
【全席自由席】当日精算(当日精算のみの販売になります)
 
◆こちらは、当日精算のチケットご予約システムになります。

◆席の場所はお選び出来ません。

◆無断キャンセルがあった場合、お代金をご請求させていただく事がございます。

キャンセルの際は必ず 03-6869-5327 までご連絡ください。予めご了承ください。

劇団た組。第16回目公演 『心臓が濡れる』

2018年7月5日(木)~7月16日(月祝)

出演:鳥谷 宏之

<出演>

北乃きい

柄本時生

尾上寛之

森田涼花
望月龍平
秋元龍太朗
早乙女じょうじ
鳥谷宏之
江端英久

佐戸井けん太

<公演タイムテーブル>

7/5(木)  19時公演
7/6(金)  19時公演
7/7(土)  13時公演 19時公演
7/8(日)  12時公演 18時公演
7/9(月)  休演日
7/10(火)  19時公演
7/11(水)  19時公演
7/12(木)  19時公演
7/13(金)  19時公演
7/14(土)  13時公演 19時公演
7/15(日)  12時公演 18時公演
7/16(月祝) 13時公演

※受付は45分前、開場は30分前より

<Story>
10人の男女が災害に見舞われた。
閉じ込められたオフィスビルの周りには氾濫した水があふれ、助けはいつ来るかわからない。閉じ込められた男女は互いが助かる為に、正論をぶつけ合っていくが、やがて正論は正論としての意味を失っていく。

■会場:すみだパークスタジオ倉

会場住所:〒130-0003 東京都墨田区横川1丁目1?10
TEL:(代表)03-3625-4640
最寄り駅:JR 錦糸町駅(北口)より徒歩12分

東京メトロ半蔵門線 錦糸町駅(3番出口)より徒歩13分
東武伊勢崎線 業平橋駅より徒歩12分
都営浅草線 本所吾妻橋駅(A2出口)より徒歩13分
押上駅=半蔵門線・東武線B2出口より徒歩15分=都営浅草線・京成線A2出口より徒歩14分

【チケット】

全席指定席

前売券:6000円(税込)

当日券:6500円(税込)

【先行販売】
チケットペイにて抽選販売
4月18日(水)11:00 ~ 4月25日(水)23:59

【先行先着販売】
◎チケットぴあ
5月7日(月)10:00 ~ 5月15日(火)23:59

【一般販売】
5月23日(水)10:00~

◎チケットペイ
※ クレジットカード決済が可能です。
※ WEBでご購入いただくには会員登録が必要です。
※ 入会金や年会費は一切かかりません。

◎チケットぴあ
※ クレジットカード、電子マネー決済が可能です。
※ ご購入いただくには会員登録が必要です。
※ 入会金や年会費は一切かかりません。
※ セブン-イレブン店頭(マルチコピー機)、サークルK・サンクス店内(Kステーション)、チケットぴあ店舗での発券となります。

みそじん第3回公演「いろいろな女。」Volume2

2018年7月26日(木)〜8月5日(日)

出演:萬歳 光恵

作・演出/板垣雄亮
7月26日(木)〜8月5日(日)
@OFF・OFFシアター
●出演者
大石ともこ
天乃舞衣子(以上、みそじん)
赤星まき
石澤美和
宇田川さや香
倉垣まどか
佐藤有里子
高畑こと美
土屋咲登子
西岡知美(カミナリフラッシュバックス)
萬歳光恵
山本南伊
(五十音順)

●チケット発売
チケット予約サイトCoRichにて発売

先行発売
6月3日(日)13:00~16日(土)23:59まで
※先行特典あり!!
一般発売
6月17(日)13:00~

– 過去の出演情報 –

殿様ランチ 薫風の公演2018「はりこみ」

2018年5月16日~5月20日

出演:辻 香音

【脚本・演出】板垣雄亮
【出演】
杉岡あきこ/平塚正信/こくぼつよし
/小笠原佳秀/相樂孝仁/板垣雄亮
/辻香音/土屋神葉/廣川真菜美/田村かなみ/園田裕樹
/鶴町憲/斉藤麻衣子/服部ひろとし 

強盗殺人容疑で手配中の男がいた。
捜査本部は男の立ち回り先として、
元交際相手の女性の自宅付近を張込む事にする。
女は連日の監視にも気づかず、ただ単調な生活を繰り返すのみ。
それでも刑事たちは、現れるかもしれないまだ見ぬ男の為に仕事を続ける。
男は本当に現れ、拘束する事ができるのか。

これは、その時を待つ間の、何も起こらない時間の物語。


古アパートでの張込みの様子を描いた「浦島氏の教訓」から8年。 
そこから派生した短篇集でのシリーズを経て
「はりこみ」の完全版をお送りします。
ご笑納ください。

5月16日(水)19:30

5月17日(木)19:30★

5月18日(金)14:30★/19:30

5月19日(土)13:30/18:30

5月20日(日)13:30/18:00 

★=公演終了後にアフタートークを行います。 

【会場】駅前劇場
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2丁目11-8 TAROビル3F

アクセス:京王井の頭線・小田急線下北沢駅 南口徒歩1分

【チケット料金】(日時指定・自由席・税込)
一般前売:3,500円 当日:4,000円
学生:2,500円 高校生以下:1,000円 
(学生・高校生以下は入場時要証明 前売・当日共に同料金)

【チケット発売・取り扱い】
一般前売開始日: 2018年4月15日(日)13:00より予約受付

【WEB限定チケット先行販売】※振込のみ
特典付きのお得な鑑賞チケットを一般前売に先駆けてお求めいただけます。
各回数量限定での販売となります。
お得にお求めいただけるこの機会を是非ご利用ください。
販売期間:2018年3月25日(日)13:00~4月14日(土)23:59まで予約受付

★簡単速攻オンライン予約
※振込限定となり、チケットは当日お渡しとさせていただきます。
  チケットは発送いたしませんので、予めご了承ください。

【お問い合わせ】
殿様ランチ
090-8599-2061

E-mail : info@tonosamalunch.com

家族草子「じゃあまたな」「桜散らず」

2018年4月19日(木)~4月22日(日)

出演:鳥谷 宏之

演出: 保倉大朔
音楽: 真辺雄一郎
出演: 青山伊津美 明樹由佳 鳥谷宏之 大原研二
土橋建太 中津五貴 保倉宣子
入澤建 井上あすか 野崎保 上田雄太郎 さとうあかり

4/19 夜の部 18:30開場 19:00開演
4/20 夜の部 18:30開場 19:00開演
4/21 昼の部 13:30開場 14:00開演
4/21 夜の部 18:00開場 18:30開演※貸切公演
4/22 昼の部 14:30開場 15:00開演
※途中休憩(約10~15分)あり

「家族草子」は、森浩美が描く家族小説を森自らが戯曲化し、それを総勢10名程の演者とギターやピアノなどの音楽を交えて創り出す空間です。演者は本を手にしていますが、椅子に座ったままではなく舞台上を動き回ります。そこが所謂、朗読会や朗読劇とは異なります。ご自宅の居間でテレビドラマを観ているような感覚でご覧いただけます。そして何よりの特徴は、上演されるすべての作品が「家族」にまつわる物語です。見終わっていただいた後、きっとあなたの心の中に「家族」への想いを感じていただけるものと信じております。

■会場:天現寺スクエア5Fガーデン
港区南麻布4-2-34

【チケット】お席の予約

「白痴」

2018年3月28日(水)~4月1日(日)

出演:加藤 啓

【原作】坂口安吾
【脚本・演出】ほさかよう
【出演】
小早川俊輔、佐伯亮、中村龍介、碕理人、二瓶拓也、谷戸亮太、熊手萌、加藤啓/木ノ本嶺浩

3月28日(水)19時開演
3月29日(木)19時開演
3月30日(金)14時開演/19時開演
3月31日(土)13時開演/18時開演
4月1日(日)12時開演/16時開演  全8回公演

―あなたのまわりにもきっといる。白く美しく醜悪な豚が。
「その家には人間と豚と犬と鶏と家鴨が住んでいた」
文豪、坂口安吾の名作「白痴」を、あのダークファンタジーな作風で定評のある
空想組曲のほさかようが、“厭らし”く、且つ“滑稽”にリメイクしました。
崇高な美しさと、目を背けたくなるような醜悪さを持つこの世界で、ナイーブながら熱を持ち、
美しさに心魅かれ、醜いものを嫌悪し戸惑う映画演出家の青年役を、
本作が初主演となる、23歳今注目の若手俳優、小早川俊輔が演じます。
俳優陣の手腕が試される会話台詞の数々と息遣いすら聞こえてきそうな近さでご覧いただくストレートな演劇公演です。
兄妹がまぐわうようなショッキングな町は、普通なのか可笑しいのか。
いつの間にか、住人たちの姿も変化していく、、この物語は、ファンタジーなのか、リアルなのか。
けれどあなたの好きな物語の続きにきっと連なる物語でもあります。
少しの笑いと少しの苦みが残るお話。是非劇場にてお楽しみください。

会場:CBGKシブゲキ!!(〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-29-5 ザ・プライム 6階)

【チケット料金】6,800円(全席指定) ※未就学児童入場不可
【チケット一般発売日】3月3日(土)10時~
【チケット窓口】イープラス
【お問い合わせ】る・ひまわり ☎03-6277‐6622(平日11時~18時)

劇団かもめんたる第4回公演『尾も白くなる冬』

2018年1月30日(火)~2月4日(日)

出演:加藤 啓

作・演出:岩崎う大

出演
かもめんたる
長田奈麻(ナイロン100℃)
加藤啓(拙者ムニエル)
古屋隆太
小椋大輔(劇団チキンハート)
森桃子
秋山遊楽
土屋翔
億なつき(劇団子供鉅人)
船越真美子
荒波タテオ

開演時間
1/30(火)19:30
1/31(水)19:30
2/1(木)19:30
2/2(金)19:30
2/3(土)14:00/18:00
2/4(日)13:00/17:00
※開場は開演の30分前です。

■会場:赤坂レッドシアター
■チケット:前売4000円 当日4500円
チケット取扱い:ローソンチケット
(Lコード:35090)

主演:今田耕司、作・演出:鈴木おさむ「三途会~私の人生は罪ですか?~」

2017年11月22日~11月26日

出演:加藤 啓

今田耕司と放送作家・鈴木おさむによる舞台は今回で第6弾。第6弾となる本作では、ベッキーと舞台で初共演する。

そこは三途の川の⼿前。三途の川を渡れば、死者になる。
そんな三途の川の⼿前で、会議が⾏われている。それが三途会。
今⽇も、死ぬ⼀歩⼿前の⼈間の意識がそこに集まった。⼈⽣で様々な罪を抱えた⼈たちが。そして会議を開く。
誰が死ぬのか?誰がいきるのか? 三途会が始まる。

会場:東京グローブ座
11月22日(水)①開場18:30 開演19:00
11月23日(木)②開場17:30 開演18:00
11月24日(金)③開場13:30 開演14:00 / ④開場18:30 開演19:00
11月25日(土)⑤開場18:30 開演19:00
11月26日(日)⑥開場12:30 開演13:00 / ⑦開場16:30 開演17:00

チケットよしもと

THE YASHIRO CONTE SHOW 「ReLOVE」

2017年12月7日(木)~17日(日)

出演:加藤 啓

脚本・演出:家城啓之
出演:平野良 長井短 小西成弥 押見泰憲 魚地菜緒 西井万理那 デッカチャン・ピクニック!加藤啓・小林健一・六角慎司が参加!

家城啓之がお贈りする「THE YASHIRO CONTE SHOW」の第二弾!
2017年4月に本多劇場で開催された同シリーズの第一弾「魔王コント」の続編とも言うべき本作品になります。

会場:紀伊國屋ホール(新宿区新宿3-17-7 紀伊國屋書店新宿本店4F)

チケットよしもと

“犀の穴”こけら落とし公演「テノヒラサイズの人生大車輪」

2017年10月11日(水)~10月15日(日)

出演:鳥谷 宏之

北区十条に作られた「犀の穴」という演劇スペースの記念すべき第一回公演は、大阪の人気劇団であるテノヒラサイズの作演出であるオカモト國ヒコさんを東京にお招きし、テノヒラサイズの立上げ作、かつ代表作である「テノヒラサイズの人生大車輪」を行います。
男女7人が爆発的な勢いでストーリーを駆け抜ける大阪発のジェットコースター演劇の傑作です。

■会場
犀の穴
JR「十条駅」より徒歩2分
「東十条駅」より徒歩6分
(東京都北区上十条1丁目16照沼ビル1F)

土田英生セレクション「きゅうりの花」

2017年7月28日(金)~8月6日(日)@東京
2017年8月11日(金・祝)~8月13日(日)@大阪

出演:加藤 啓

1998年に利賀・新緑フェスティバルで初演し、好評を博した作品「きゅうりの花」。
2002年には下北沢ザ・スズナリで再演。今回は15年ぶりの再演です。
物語の舞台は、後継者の不足や嫁不足に悩む過疎の町「下河部町」。
『名古屋の言葉をベースに、関西弁のイントネーションでしゃべった』という、クセになるオリジナルの方言も見どころの一つです。

■東京公演:2017年7月28日(金)~8月6日(日)【三鷹市芸術文化センター 星のホール
■大阪公演:2017年8月11日(金・祝)~8月13日(日)【ABCホール

家族草子「柱の傷は」「ピンクのカーネーション」

2017年5月18日(木)~5月21日(日)

出演:鳥谷 宏之

出演:池田 香織

「家族草子」は、森浩美が描く家族小説を森自らが戯曲化し、それを総勢10名程の演者とギターやピアノなどの音楽を交えて創り出す空間です。演者は本を手にしていますが、椅子に座ったままではなく舞台上を動き回ります。そこが所謂、朗読会や朗読劇とは異なります。ご自宅の居間でテレビドラマを観ているような感覚でご覧いただけます。そして何よりの特徴は、上演されるすべての作品が「家族」にまつわる物語です。見終わっていただいた後、きっとあなたの心の中に「家族」への想いを感じていただけるものと信じております。

■会場:天現寺スクエア5Fガーデン